交通事故にあってしまったら

交通事故

警察に届ける

まずは警察に連絡をしてください。加害者は警察へ連絡をする義務がありますが、加害者が処罰を恐れて届け出をしない場合がありますので必ず被害者からも連絡をしましょう。大した事故でないからと連絡を怠ると後でトラブルの原因となります。
その際、「交通事故証明書」を交付してもらいましょう。また、後で病院で診療を受けたり、整骨院で治療を受けたいと思う場合には「物損事故」ではなく「人身事故」の扱いにする必要があります。

相手(加害者)の確認をする

加害者の車両ナンバー・氏名・住所・電話番号・携帯電話・勤め先の連絡先を聞いておきましょう。また、加害者が加入している自賠責保険と任意の自動車保険の保険社名や連絡先も聞いておきましょう。

交通状況の記録をとる

必ず自分でも事故の経緯や現場見取り図などを記録してください。携帯電話のカメラなどで加害車両や被害車両を撮影したり壊れた部品などを撮影して記録しておくことも大切です。また、目撃者がいれば証言をメモし、氏名・連絡先を聞いておきましょう。

自分の保険会社に連絡をする

必ず専門家(病院・整骨院)の診察を受ける

たいしたことはないと思っていても、必ずその日のうちに診察を受けましょう。特に「むちうち症」などの症状は事故当日よりも翌日などに「首筋・背中の痛み」「吐き気」「頭痛」などさまざまな症状が現れることが多いです。こじま針灸・接骨院で交通事故の施術を受ける場合には自賠責保険が適用されますので患者様の自己負担はありません。患者様ご自身は保険会社の担当に「こじま針灸・接骨院に通院します」と連絡をしてください。

またお近くの病院のご紹介も可能ですので、交通事故に遭われた際にはご相談ください。