絶対残留。

こんにちは。

今年のJ1も残り3試合。

ここにきて、大宮アルディージャが

“ 監督交代 ”

という衝撃の決断をしました。

しかも、元鹿島の石井監督が後任。

それもビックリです。

石井監督は素晴らしい実績の監督です。

アルディージャの救世主になってくれることを願ってます。

東洋医学には「 標治 」 と 「 本治 」という考え方があります。

簡単にお話しすると、痛い所を治す・対処療法が「標治」、痛みの根本を治すのが「本治」になります。

「標治」が済んでも、「本治」ができなければ真に痛みはとれない、再発するかもしれないというわけです。

つまり、健康のことを考えると、「標本同治」(痛い所を治しつつ、その根本になる所も治す)がいいのです。

今回のアルディージャの監督交代劇は、まさに「 標治 」と言えるでしょう。

残留のために、ラスト3試合なんとか乗り切るという対処療法です。

今回はそれでいいと思います。

ただ、「標治」ができても、「本治」ができなければ、また痛みは再発します。

つまり、なんとか残留できても、その後、「本治」に向けてチーム作りができなければ、また同じ事を繰り返してしまいます。

今までのアルディージャはそれの繰り返しだったかもしれません。

ただ、昨年の好成績は、一昨年、降格し、渋谷監督の下で、過酷なJ2を戦い抜く事で、「本治」に近づいたからだと思います。

しかし、今年は「本治」により近づくための重要なピース(家長、泉澤)を抜かれてしまい、大きな傷を負ってしまいました。

その傷を癒せないまま、今を迎えてしまいました。

残り3試合、石井監督には「標治」で構いません、対処療法で構いません、その傷をカバーしてもらい残留を果たして頂きたいと思います。

そして、来年、J1かJ2か分かりませんが、しっかりとチームを作り、アルディージャの「本治」をして欲しいと願っております。

ご来院頂いているアルディージャサポーターの患者様は「石井監督就任に希望の光が見えている、ワクワクする」と皆様言っています。

残り3試合・・・全力で応援します。




------------------------------------------------------------
こじま針灸院・接骨院
埼玉県さいたま市西区三橋6-398
Tel : 048-778-7451
Mail : yoyaku@cozy-shinkyu.com
URL : cozy-shinkyu.com
------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする