気象病。

こんにちは。

関東が早くも梅雨入りし、曇りや雨のハッキリしない天気が続いてます。

梅雨入り前は、夏日があったり、例年より暑い日が続きましたが、梅雨にはいった途端、肌寒い日が続いてます。

先日、TVで、「気象病」という言葉が紹介されていました。

暑かったり、寒かったり、気圧が変化しやすかったりと、そういった気象の急激な変化に体が順応しきれず、体調不良を起こす状態との事。

それによる病院の受診も増えているそうです。

当院でも、ここ最近、

・疲れが抜けない

 ・頭が痛い、重い

 ・体が冷える

 ・なんとなく体調が悪い

といった原因のハッキリしない不調や不定愁訴での患者さまが来院されています。

もしかしたら気象病なのかもしれません。

そういった患者さまには、

  鍼灸 または、 交流式磁気治療

をおすすめしてます。

気象病の原因は、気候に体が順応できない事で自律神経が乱れ、様々な不定愁訴を起こしているかと思われます。

科学的な病因の分析はわかりませんが、臨床での患者さまの状態からするとそう考えられるかと思います。

鍼灸や磁気治療は、自律神経の乱れを是正する効果があります。

実際、当院でも、気象病の疑いの患者さまに、鍼灸や磁気治療を用い、自律神経に作用させる施術をおこなった所、効果が出ております。

今後、湿度も上がり、蒸し暑い、かと思いきや、肌寒いといった気候が続きそうです。

梅雨があけ、猛暑に突入すれば、それはそれできついですが、気候が安定してくれば気象病は減ってくるかと思われます。

もし、「気象病かな?」と思いましたら、ご相談ください。




------------------------------------------------------------
こじま針灸院・接骨院
埼玉県さいたま市西区三橋6-398
Tel : 048-778-7451
Mail : yoyaku@cozy-shinkyu.com
URL : cozy-shinkyu.com
------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする